脆化

脆化(ぜいか、英語:embrittlement)とは、金属プラスチックなどが展延性靱性を失い[1]、脆(もろ)く壊れやすくなること。物理的、化学的要因によるさまざまな脆化現象が知られている。

各種の脆化現象編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 脆化 大辞林 Yahoo!辞書
  2. ^ 経済産業省 原子力安全・保安院 高経年化対策強化基盤整備事業照射脆化
  3. ^ 玄海原発1号機 想定以上に劣化進行か 佐賀新聞、2011年7月1日
  4. ^ 通信ケーブルの紫外線の影響について(pdf) - 富士電線(2011年12月閲覧)
  5. ^ カーテンFAQ - 東リ株式会社(2011年12月閲覧)
  6. ^ 絹繊維の紫外線脆化に関する二三の 要因(pdf) - 信州大学繊維学部(2011年12月閲覧)
  7. ^ 合成樹脂材料の劣化(pdf) - 空気調和・衛生工学会(2011年12月閲覧)
  8. ^ プラスチックの実用強さと耐久性(pdf) - 三菱化学グループ(2011年12月閲覧)
  9. ^ 素材としての塩ビ樹脂について - 石井マーク(2011年12月閲覧)
  10. ^ 被覆材リサイクル電線・ケーブルの開発(pdf) - 古河電工(2011年12月閲覧)
  11. ^ レースカーテンの日光による脆化 - 日本石鹸洗剤工業会(2011年12月閲覧)
  12. ^ 脆化 Yahoo!百科事典

関連項目編集