Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考

良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたり、作り上げたら、是非このページで推薦してみてください。あるいは、推薦されている記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに編集

  • 推薦・投票ができるのは下記の投票・推薦資格を満たしたログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安編集

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方編集

推薦の要件編集

ユーザー登録しており、かつ以下の条件を満たす利用者が推薦できます。

  1. 初めて編集した時から1か月以上を経過していること 
  2. その間、標準名前空間(記事名前空間)の編集回数が50回以上あること

自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、一人が一度に推薦できる記事は3つまでです。ただし、自分が推薦した選考の1件が次の状態になった場合には、新たに1件の推薦を追加できます。

  1. 賛成票が2票以上入っており(推薦者票も含めます。条件付き賛成/反対票はコメントとして扱います)、
  2. かつ、反対票がない状態が、
  3. 48時間以上経過した場合(コメントはいくつ付いていても条件には含めません)。

なお、一度条件を満たしたら、その後の変化は考慮しません。たとえば、ある選考がある時点で条件を満たしたが、次の推薦を出す前に反対票が入ってしまった、という場合でも、新たな推薦を追加できる権利は失われません。

通常の推薦の手順編集


  1. 上記のボックスに記事名を入力して(末尾の日付は推薦した年月日であり、そのままにしてください)、「選考ページを作成」のボタンをクリックします。すると、ページ作成画面が選考ページのひな型つきでロードされるので、そのひな型を編集して投稿してください。なお、推薦者としての賛成票は任意であり、投票を控えても結構です。選考ページのひな形は下記の通り。
    === {{Page|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
    *{{賛成}}:--~~~~
    
  2. 先に作成した選考ページを{{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_20210925}}という書式で「選考中の記事」節の一番下に追加します。
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_20210925|よみがな=△△△}}
  4. さらに広く告知するために、Template:選考中の記事・画像一覧の選考中の記事リストに追加することもできます。

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事の自動推薦編集

月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。上記の推薦資格を満たすログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。推薦の仕方は上記の通常の推薦と同じです。推薦理由については、

*(自動推薦)20xx年xx月の月間新記事賞受賞記事。--~~~~

または

*(自動推薦)20xx年xx月の月間強化記事賞受賞記事。--~~~~

などとしてください。

投票の仕方編集

投票資格は通常の推薦の推薦資格に準じます。ただし、初編集からの期間と標準名前空間の編集回数の条件は、当該選考の開始時点で満たしている必要があります。投票資格を満たさないログインユーザーおよびIPユーザーもコメントは認められます。推薦された記事を編集・執筆した人も投票可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

  1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
  2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
  3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

選考期間編集

選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、どなたでも最終的な選考期間が6週間を越えない範囲で、2週間または4週間の単位で2回まで選考期間を延長することができます。

延長の希望が表明されていない場合でも、その時点の選考期間終了時に2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます。自動延長は1回の選考に対して1回のみ適用します。また既に選考期間が最大の6週間になっている場合には適用できません。

希望により延長された選考に自動延長を適用することも、自動延長された選考に希望で延長をすることも可能です。

早期終了編集

以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

  • 反対票のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 賛成票のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
  • 賛成票がなく、推薦者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。
  • 推薦者が不正な多重アカウントとして無期限投稿ブロックを受け、他に有効な賛成票がない場合。良質な記事は見送りとなります。

選考が終了したら編集

選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

  1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
  2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
  3. 記事がTemplate:選考中の記事・画像一覧に追加されていた場合、それを除去する。
  4. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
  5. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去し、{{選考審査の記録}}を張り付けて結果を記入する。すでに{{選考審査の記録}}が貼られているようなら今回の結果を追記する。
  6. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
    1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
    2. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する(今までに分類方法で議論になり、一定の方針を決めたものについて、Wikipedia:良質な記事/リスト/分類基準にまとめられています)。
    3. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。
    4. Wikidataにおける記事のSitelinkにGood articleバッジを割り当てる(登録利用者のみ可能です)。

選考中の記事編集

現在時刻: 9月25日土曜日18:59 (UTC) (キャッシュ破棄

Last Labyrinth (ゲーム)ノート / 履歴 / ログ / リンク元編集

選考終了日時:2021年10月4日 (月) 02:02 (UTC)

  • (推薦)自己推薦。自分で書ける限りの情報は書き切ったと考えられ、今後記事の発展を望むうえで、細かいことであってもゲームを知らない人であっても、第三者視点からの意見があったほうがいいと考えたため。--遡雨祈胡会話) 2021年9月20日 (月) 02:02 (UTC)[]
  •   賛成 :依頼者票。--遡雨祈胡会話) 2021年9月20日 (月) 02:02 (UTC)[]
  •   賛成 ゲームを知らない者です。
    • システム節ですが、途中で「これは失敗したことをプレイヤーに明示するために設定されたものだったが、……」や「……アストネスの店長は髙橋へのインタビューで述べている」「……の影響も髙橋は認めている」「本作では部屋ごとに異なる謎解きを体験してほしいという意図から、」「プレイヤーがカティアとの謎解きを体験してほしいという狙いから、」のように、制作意図や批評が入ってしまっており、やや混乱しました。また「処刑方法は各部屋ごとに異なる」は、そこまでにゲーム中に処刑が存在するということが説明されていません。「謎解きの前の段階で」は、導入部に「協力して謎を解き、館からの脱出を目指す」とあるので、謎解きが存在することはわかるのですが、本文でも、解くべき謎があるということを説明したほうがよいと思います。
    • 音楽節ではキャスティングの説明までしているように読めますが、実際の時系列としてはマルチリンガルのヨーステンを起用→主題歌もヨーステン、と思われるところ、記事の文章は逆になっています。
    • ところどころ帰属化がやりすぎであり、そのため読みにくいと感じました。例えば開発節の「ファミ通のメーカーアンケートによると、本作はVR初心者や謎解きを好むプレイヤーに向けて作られた」は「本作はVR初心者や謎解きを好むプレイヤーに向けて作られた」で良いと思います。ほかにも「これは公式ブログでの高橋へのインタビューによると、」「イメージして作られたことが、ファンミーティングで語られている」「Kickstarterのリワード企画である「Q&A配信」にて説明されている」など結構あります。
    • 開発節は、最後の方になりようやく「最初の企画は2015年の秋に立てられ、2016年の東京ゲームショウにて初公開された」と書かれていますが、これを先頭にもってきたほうがよいです。また、「本作は髙橋の希望で、アニメーションを担当した福山敦子の手法を活かしたものにすることとなった。これは日本の小規模なゲームスタジオで現実に存在するようなモデルを制作するには、予算や期間が不足していたと髙橋は公式ブログにて説明している」ですが、まず予算の問題があって、それをアニメ制作でカバーしたということですから、説明の順序を入れ替えたほうがよいです。
    • 評価と反響節はパラグラフがよく整理されていると思いました。ただ「値段については複数のレビューで、高額すぎると評されている」に対し、小売価格がどのくらいであったのかの説明がほしいです。
    • あと、細かな点ですが、「髙橋」と「高橋」が混在してしまっています。--たけとう会話) 2021年9月24日 (金) 01:26 (UTC)[]
投票とコメントありがとうございます。修正はできるだけ選考中に進めます。--遡雨祈胡会話) 2021年9月24日 (金) 11:30 (UTC)[]

ぱいどんノート / 履歴 / ログ / リンク元編集

選考終了日時:2021年10月4日 (月) 09:14 (UTC)

  • (推薦)私が作成した記事です。物語記事に必要なストーリー、登場人物、制作過程、反響と、主たる部分は存在していると思い、推薦します。--主水会話) 2021年9月20日 (月) 09:14 (UTC)[]
  • (コメント)記事に関してのコメントなのですが、冒頭部で「AIによって書かれた漫画であること」など、簡潔な説明があってもいいと思うのでしょうがいかがでしょうか。概要ではプロジェクトの契機と漫画の進捗についてが主たるところになっており、「そもそもぱいどんは何を百科事典に載るくらいの特徴として持っているか」というのが読み取りづらい、と個人的には思います。--遡雨祈胡会話) 2021年9月20日 (月) 13:20 (UTC)[]
    冒頭に関して、この漫画はAIを活用してはいるのですが概要節にあるように役割はプロット生成、キャラクター原案で人間の手によるものが多い作品です。それを踏まえて「AIが描いた」とすると、記事を読んでみたら最初に思っていたことと異なるのではないかという印象を与えそうです。
    私は「何を百科事典に載るくらいの特徴として持っているか」の点で、この作品でAIを利用して漫画の制作するのが世界初の挑戦だそうなので、それを書くことにします。--主水会話) 2021年9月20日 (月) 13:55 (UTC)修正。--主水会話) 2021年9月20日 (月) 16:38 (UTC)[]
    冒頭に世界初のAIを活用した漫画であることを書いておきました。--主水会話) 2021年9月20日 (月) 16:38 (UTC)[]
ご対応いただきありがとうございます。それから「#世界新記憶」キャンペーンという耳慣れない言葉がありますが、これはどういったキャンペーンなのか、説明があったほうがいいと思われます。少し調べた感じですと、割と抽象的な目的を出しているようには見えますが、ちょっと今一つどういったものなのかつかめませんでした。--遡雨祈胡会話) 2021年9月20日 (月) 22:11 (UTC)[]
すみません、一旦こちらで調べた分を加筆しました。--遡雨祈胡会話) 2021年9月21日 (火) 13:34 (UTC)[]
「#世界新記憶」に関して、漫画がそのキャンペーン第一弾であることは言及があるのですが、それ以上のことはこの漫画の文脈ではあまり触れられていません。「#世界新記憶」自体が何なのかとそれほど触れていなかった理由になります。そのプロジェクトについて「ブランドの浸透を目的とした」ともあり、端的に言うと宣伝、広報の面があるようです。漫画自体も社名変更の周知についての話があるため、それも同様のようです。
ところで遡雨祈胡さんは本文からテレビCMが放送されたことを消されていますが、これはない方が選考のいかんに関わるということでしょうか?--主水会話) 2021年9月22日 (水) 08:54 (UTC)[]
それであれば、企業の宣伝のためのプロジェクトであることぐらいで十分だと思います。CMはすみません、あまり意識してませんでした。ある意味広報が目的なのであれば、その結果が分かるような節があっても良い気が個人的にはいたしますが、いかがでしょうか。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 10:36 (UTC)[]
それから「なお、「TEZUKA2020」の前身ともいえるものに」の文は「ぱいどん」の概要節に入れるよりは、より細かい経緯などに近しい話ではないかと思料します。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 11:31 (UTC)[]
制作節は内容からするに、企画と実際の制作と作品の発表に分かれているので、節を分けてみてもいいのではないでしょうか。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 11:38 (UTC)[]
一つの例として、良質な記事に選出されている『キャプテン翼』は冒頭で大まかにどういう作品かと社会影響について述べて記事の特筆性を示し、その後概要節で作風や具体的な数字などを挙げて説明しております。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 11:44 (UTC)[]
冒頭で作品内容に簡単に触れ、企画、制作の節分けを行い、前身的プロジェクトについての記述を移動、作風については既に書かれていることも含まれますが加筆しました。
広報の結果がわかるような節については、本文にそれ関連があまり書かれていなかったためキオクシア公式サイトへのアクセスが増えていることから一定の効果があったとすることに加え、Google検索結果、Twitterワードランキング、メディア露出量についてとられたデータを記述しました。--主水会話) 2021年9月22日 (水) 16:59 (UTC)微修正。--主水会話) 2021年9月22日 (水) 21:16 (UTC)[]
ご確認、ご対応いただきありがとうございます。確認なのですが、文中に記載されているGANは敵対的生成ネットワークのことであっておりますでしょうか。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 19:10 (UTC)[]
もう一つ伺いたいのですが、NDL Searchによると『人工知能』35(3)はTEZUKA2020に関する論文が複数含まれており、筆者が異なるようですので、論文ごとに分けたほうがいいのではないでしょうか。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 19:45 (UTC)[]
もう一つ気になるのですが、良質な記事の『地球の秘密』や前述した『キャプテン翼』でも記載がありましたが、海外での反響や評価というのについては、記載の予定などございますでしょうか。提案中の話で恐縮なのですが、Wikipedia:日本中心にならないようにというのもございますので、気になった次第です(反響自体は存在するようです)。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 19:59 (UTC)補足。--遡雨祈胡会話) 2021年9月22日 (水) 20:00 (UTC)[]
GANは敵対的生成ネットワークのことだと出典に確かに書かれています。『人工知能』学会誌の出典に使った論文を個別に列挙しました。
日本国外の反響に関して、作品を取り上げているサイトを見てみたんですが、作品の紹介、制作方法についての言及ばかりで既に本文に書かれていることで、評価のようなものが見つかりませんでした。私が見たのは主に英語サイトでそれ以外の言語となるとカバーしきれません。--主水会話) 2021年9月22日 (水) 21:16 (UTC)[]
一つの方法として、外国語のページを確認する→Google翻訳で英語に翻訳する、という方法があることにはあります(もちろん完璧ではありませんが)。まだ細かいところまで確認できておりませんが、海外での評価のようなものは、現時点では確かに見当たらないようにみえております(今後時間が経過してから確認はした方がいいのかもしれません)。
あと個人的に気になったのが、特に反響節で見られるのですが、一文が長いのではないかと思っております。ただこれは好みもあると思うので、他の方にも聞いてみるのがいいのかもしれません。--遡雨祈胡会話) 2021年9月23日 (木) 14:04 (UTC)[]
近年の機械翻訳の精度は向上しているようですが重訳となるとどうなんですかね。ちょっと躊躇します。
こういう前後編2話の短編で大したメディアミックスも行われていないながら制作、反響についてよく書けたものだと思います。
反響節の文章は一部段落を分けてみました。--主水会話) 2021年9月23日 (木) 16:08 (UTC)[]
躊躇があるならいったんやめておきましょう。ご対応いただきありがとうございます。
また質問だらけで本当に申し訳ございませんが、こちらは資料として使う予定などございますでしょうか。--遡雨祈胡会話) 2021年9月23日 (木) 16:41 (UTC)[]
参考文献節において『人工知能』学会誌の各論文で分けた方がいいとのコメントを貰ったときに『応用物理』学会誌の論文の存在に気付きました。お示し頂いた論文を元に多少加筆してみました。--主水会話) 2021年9月23日 (木) 18:57 (UTC)[]
@遡雨祈胡さんは2021年9月25日 (土) 07:36 (UTC)の編集で、文面を確認してニュアンスが異なったと要約欄にありますが、これは主人公の元になったキャラクターの記述についての編集も含まれますでしょうか?--主水会話) 2021年9月25日 (土) 10:05 (UTC)[]
そちらは違いますね。--遡雨祈胡会話) 2021年9月25日 (土) 11:24 (UTC)[]
遡雨祈胡さんは手塚治虫の『週刊少年チャンピオン』連載作のキャラの特徴が元になっているという記述を先にもってきていますが、まず最初に挙げられている『三つ目がとおる』は『週刊少年マガジン』連載でチャンピオン作品だとしていながらいきなり他誌が出てくるようになっています。AIは主人公の設定として役者をはじき出したのですが、これは『七色いんこ』の主人公と同じで必要な記述だと思います。そして、難点はあるが正義感が強く、日常で事件を解決するのが『ブラック・ジャック』、『ミッドナイト』とはあるんですが、『七色いんこ』とは出典に書かれておらず、今の記述ではそれも含んだようになっています。
いずれも出典に基づいてのことですが、これらはどういう経緯で書き換えられたのでしょうか。--主水会話) 2021年9月25日 (土) 11:47 (UTC)[]
すみません、そこは完全にこちらが取り違えてますね。修正いたしました。まず修正の意図として、あまり人のことを言えた話ではないのですが、主水さんの一文は長いです。リストアップがあるから読点が多いのは分かるのですが、それを加味しても(リストがなくとも一文が)長いと思います。それに加えて、結論が後に来るため、何が仰りたいのか分かりづらい文章が見られます。そのため、文を分けて結論を先に出して、詳述やリストを後に持ってくる目的で記載いたしました。--遡雨祈胡会話) 2021年9月25日 (土) 18:58 (UTC)[]

関連項目編集