チャーク城

チャーク城(チャークじょう、英語: Chirk Castleウェールズ語: Castell y Waun〈カステス・ア・ワイン[5]〉)は、ウェールズの北部、レクサム州区チャーク英語版にあるイギリス指定建造物1級 (Grade I) のである[2][4]

チャーク城
Chirk Castle
Castell y Waun
ChirkCastle1.JPG
チャーク城の位置(レクサム内)
チャーク城
ウェールズ北部レクサム州区内の位置
概要
現状 博物館
用途
ステイトリー・ホーム
所在地 チャーク英語版
自治体 レクサム
イギリスの旗 イギリスウェールズの旗 ウェールズ
座標 北緯52度56分07秒 西経3度05分23秒 / 北緯52.93528度 西経3.08972度 / 52.93528; -3.08972座標: 北緯52度56分07秒 西経3度05分23秒 / 北緯52.93528度 西経3.08972度 / 52.93528; -3.08972
OS grid reference SJ268380[2]
標高 208メートル (682 ft)[1]
着工 1295年
完成 1310年
所有者 ナショナル・トラスト
管理機関 ナショナル・トラスト
土地面積 480エーカー (190ヘクタール)
設計・建設
建築家 マスター・ジェイムズ[2]
ウォルター・オブ・ヘレフォード英語版[3]
著名な点 庭園
ウェブサイト
Chirk Castle, National Trust, https://www.nationaltrust.org.uk/chirk-castle 
指定建築物 – 等級 I
登録日1952年10月20日
登録コード598[4]
テンプレートを表示

歴史編集

チャーク城は1295年、初代マーチ伯ロジャー・モーティマーの叔父、ロジャー・モーティマー・ド・チャーク英語版により、北ウェールズ英語版を取り囲んだ王エドワード1世の城の鎖[6]鉄の輪英語版[7])の一部として築かれていった。城は1310年に完成し[3]ケイリオグ渓谷英語版の入口を防御した。また、チャークはチャークランド英語版ウェールズ語: Swydd y Waum)のマーチャーロード英語版シップにとっての行政的中心地であった。

 
チャーク城の北東側(1735年、トーマス・バデスレード英語版作)[8]

1595年、城はトマス・ミドルトン英語版により[2]、5000ポンドで買い取られた。彼の息子トマス・ミドルトン卿英語版 (Sir Thomas Myddelton of Chirk Castle) は、イングランド内戦には国会議員(円頂党)であったが、1659年のジョージ・ブース英語版蜂起英語版 (‘Cheshire rising’) の際には国王派(騎士党)となった。城は1659年に一部が取り壊され、その後、王政復古に次ぐ1673-1678年に、第2代准男爵トマス・ミドルトン英語版により、方立無目の窓 (Mullioned and transomed windows) が挿入されるなどして再建されていった[2]

19世紀、シャーロット・ミドルトン (Charlotte Myddelton) と結婚したロバート・ビドゥルフ英語版が、ミドルトン・ビドゥルフを名乗り、城はミドルトン家からミドルトン・ビドゥルフ家に継承されている。第一次世界大戦前の1910年、第8代ハワード・ド・ウォルデン男爵トマス・スコット・エリス英語版に貸与されると[9]、1911年の入居前に大規模な修繕が施されたほか、チャークに多くの足跡を残した[10]。また、第二次世界大戦後期には、城の一部が避難者のために開放されたことも知られる[11][12]。ミドルトン家が長く所有していたチャーク城は、1981年よりナショナル・トラストに移管された[3][13]。子孫のリリッド・ミドルトン英語版中佐英語版[14]、1952年から1988年に亡くなるまで女王エリザベス2世の侍従 (extra equerry) であった[15]

緑地・庭園編集

 
チャーク城の外観図(1735年、トーマス・バデスレード作)[16]
 
庭園の一角

チャーク城は、面積 480エーカー (190ヘクタール) の広大な敷地内にあり[17]、その18世紀に造園された緑地公園にある 5.5エーカー (2.2ヘクタール) の庭園が知られ[18]、刈り込まれたイチイ (yew) の垣根、草木の植栽、ロックガーデン(石庭)[19]、それにテラスがある[20]

周囲の緑地帯は、当初14世紀にディアパーク(deer parkシカ園地〉)として配置された[21]。17世紀初頭からは城に隣接して、おそらく東側に、公式庭園(フォーマルガーデン)と家庭菜園(キッチンガーデン)双方があった。

 
チャーク城門

チャーク城の錬鉄製の門は、1712年、第3代准男爵トマス・ミドルトン英語版の依頼によりバーシャム英語版鍛冶職人であったデイヴィス兄弟英語版が製作し、1719年に完成した[16]。1770年[22](-1771年)と1888年に移動した後、何度か改修されているこの精緻な城門も[16]イギリス指定建造物1級 (Grade I) に登録されている(1966年1月4日指定)[23]。門の傍らにある平屋で半木骨造のスゥイン・ア・キル・ロッジ (Llwyn-y-cil Lodge) は1888年に建てられたもので[24]、同じく指定建造物2級 (Grade II) である(1998年7月29日指定)[25]。また、この一帯は、チャーク城と緑地公園(英語: Chirk Castle and Parklandウェールズ語: Castell y Waun a’i Barcdir)として[26]学術研究上重要地域英語版 (Site of Special Scientific Interest; SSSI) に指定されている[21]

脚注編集

  1. ^ Elevation of National Trust - Chirk Castle, Chirk LL14 5AF, UK”. Worldwide Elevation Map Finder. 2021年10月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e Chirk Castle”. British Listed buildings. 2021年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c Chirk Castle, Wrexham (Accredited Museum)”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  4. ^ a b Summary Description of a Listed Buildings; 598”. Full Report for Listed Buildings. Cadw. 2021年10月9日閲覧。
  5. ^ カムリの地名カタカナ表記リスト   (Microsoft Excelの.xls)”. カムリの地名のカタカナ表記. 日本カムリ学会(日本ウェールズ学会). 2021年10月9日閲覧。
  6. ^ 田辺雅文『ウェールズ - 英国の中の“異国”を歩く』「旅名人」編集部、日経BP社〈旅名人ブックス 16〉、2002年(原著1999年)、第2版、163-164頁。ISBN 4-8222-2209-8
  7. ^ R・G・グラント、アン・ケイ、マイケル・ケリガン、フィリップ・パーカー『ビジュアル版 イギリスの歴史』田口孝夫、田中英史、丸川桂子訳、東洋書林、2012年(原著2011年)、90頁。ISBN 978-4-88721-800-0
  8. ^ The North East Prospect of Chirk Castle (after Thomas Badeslade)”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  9. ^ Twentieth-century indulgence”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  10. ^ Lord Howard de Walden, patron of Wales”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  11. ^ oldpetanquer (2005年4月29日). “WW2 People's War: an Evacuee in Chirk”. BBC. 2021年10月9日閲覧。
  12. ^ Powell, David (2005年6月27日). “The evacuees who were made kings of our castles”. NorthWalesLive. 2021年10月9日閲覧。
  13. ^ A Welshman's home is NOT his castle”. NorthWalesLive (004-03-24). 2021年10月9日閲覧。
  14. ^ Changing fashions in the Myddelton family home”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  15. ^ Ririd Myddelton”. NorthWalesLive (004-03-24). 2021年10月9日閲覧。
  16. ^ a b c Sayer, Huw (2018年9月23日). “October 2018 - Building a legend”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  17. ^ Explore the Chirk Castle estate”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  18. ^ Relax in our glorious gardens”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  19. ^ Chirk Castle enters solar age”. National Trust. 2021年10月9日閲覧。
  20. ^ Chirk Castle 2-for-1 entry”. Gardener's World.com. Immediate Media. 2021年10月9日閲覧。
  21. ^ a b Find space to explore on the Chirk estate”. National Trust. 2021年10月7日閲覧。
  22. ^ Chirk Castle Gates, Chirk”. Coflein. Site Record. 2021年10月9日閲覧。
  23. ^ Chirk Castle Gates, Screen and Piers”. British Listed buildings. 2021年10月9日閲覧。
  24. ^ Chirk Castle Lodge, Llwyn-y-cil, Chirk”. Coflein. Site Record. 2021年10月9日閲覧。
  25. ^ Llwyn-y-cil Lodge”. British Listed buildings. 2021年10月9日閲覧。
  26. ^ Alexander, K.N.A. (2019) (PDF), An Assessment of the Current Condition of the Saproxylic Invertebrate Assemblage at Castell y Waun a’i Barcdir/Chirk Castle and Parkland SSSI in 2018, NRW Evidence Report No. 317, Natural Resources Wales, https://cdn.cyfoethnaturiol.cymru/media/688200/eng-report-317-assessment-of-current-condition-of-the-saproxylic-invertebra-copy.pdf 2021年10月9日閲覧。 

関連文献編集

外部リンク編集